読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻苧の滝 (あさをのたき)

麻苧の滝は、群馬県安中市の西方、碓氷峠のふもとにある。国道からすぐのところにある名瀑である。

 

正確に言うと裏妙義山系の、碓氷峠旧道入口の河原からの登山道が二つある。一つは丁須の頭への鍵沢コースとそのすぐ200mほど南に入口のある御岳への尾根コースのふたつがあり、滝はその二つのコース入り口から入ってすぐの、そのコースの間にある。この滝は不動滝ともいわれる。

御岳尾根コースを河原から数百メートル入ったところにある。雪がなければ運動靴程度で見に行ける。冬場の楽しみは40mの氷瀑が見られることだ。まだ早いと思ったが、見に行った。案の定、滝は冬で水量が落ちているだけでなく氷も薄かく、滝の両側に少し白い袴をまとっているだけであった。

 

熊が寝静まるこれから、裏妙義の登山の季節となる。低山であるが

、滑落事故による犠牲者も多く、谷川岳日本アルプスより難コースである。

 

以下< Pentax K-5 + 18-135mm Zoom >

f:id:pottering_potarin:20140103121746j:plain

駐車場に車を止め橋を渡る。

 

f:id:pottering_potarin:20140103121723j:plain

 

 

f:id:pottering_potarin:20140103122826j:plain

 

登山道に入る。

 

滝の手前にあるお不動さん。

f:id:pottering_potarin:20140103123413j:plain

 

 

冬枯れの木が滝の全景を透かしてくれる。

f:id:pottering_potarin:20140103124710j:plain

どう変化しているか、来月また出かけてみたい。