読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

菜の花 水仙 G5 試し撮り(2) Panasonic DMC-G5 驚きの写りと遠近感

PanasonicG5は、使い勝手がすこぶる良い。

たとえばEV調整は、シャッターボタンの後ろにSWがあり、左右に動く。

 

<梅の花をついばむ> 実際に梅の花をたくさん食べていた鳥を撮影。

ピンポイントモードでマニュアルでピント合わせした。

枝が邪魔でオートで合わなかったためであるが、ピンポイントモードはすごい。

f:id:pottering_potarin:20150329152546j:plain

 

<水仙>  これもピンポイントのピントで拡大されるので、めしべに合わせた。

f:id:pottering_potarin:20150331061958j:plain

 

Pana同梱の写真ソフト、シルキーピクスでRaw現像し、メロウな調子にしてみた。

f:id:pottering_potarin:20150331061755j:plain

 

これは普通に、少し柔らかく

f:id:pottering_potarin:20150331061826j:plain

 

<菜の花> Olmpusのミラーレス標準レンズ2本付では取れなかったボケができました。(個人的感想です)

それに比べ、Panaの標準の望遠レンズはズームマクロで遠近感が出しやすい。

f:id:pottering_potarin:20150329152913j:plain

 

<菜の花>その2

f:id:pottering_potarin:20150329152855j:plain

 

またまた水仙、トーンをとても軟調にしてみました。

f:id:pottering_potarin:20150331062041j:plain

 

撮ることも現像も楽しいパナソニックである。型落ちであるが、十分高機能である。

安いレンズが2本ついてきたと、当初思いましたが、意外とうまくぼかしが効いて、暗いレンズが、ISOの自動調整で、うまく映っている。