読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんもく滝めぐり 山ノ神の滝 

群馬県南牧村はトレッキング愛好家向けにパンフレットを用意してくれている。

①登山ルート

②滝めぐり

 

登山に行きたくないが散歩をしたいときに滝めぐりは良いのではと、A2、12蛇腹織のパンフレットを、持って、滝めぐりに出かけた。

 

持ち物は、登山のザックから、少し余分なものを放り出して、一眼レフカメラと、コンデジを詰め込んだ。それと、偏光フィルターとND4フィルター。三脚なし。

 

登山靴は、裏がイボイボのもの。

 

選んだ滝は、"山ノ神の滝"

45号線から93号線につながり、羽沢のT字路を、右に入る。(北に入る)

星尾側沿いの林道を進む。しばらくして、分岐。右に道場川沿いに進む。

最後の集落を横目に、きつい坂を車で上る。すれ違いは厳しい。

 

f:id:pottering_potarin:20170505121132j:plain

 

林道は、この先侵入禁止。徒歩となる。が、パンフレットには10分と書いてある。

ここは、広いので切り返し可能。大屋山(おおやさん)がまじかに見える。

f:id:pottering_potarin:20170505130641j:plain

 

 

林道を徒歩で進む。毛無岩がそそり立つ。

f:id:pottering_potarin:20170505121237j:plain

 

台風で崩れた道があるはずの沢を渡る。

水利用が少ないので問題はない。

多いときは、難儀するであろう。

 

"山ノ神滝" 水量がない。あれば70mのシーケンシャルフォールがきれいにみられることになる。また、朝早いほうが良いようである。日中は写真のごとく、逆光である。

f:id:pottering_potarin:20170505123248j:plain

 

この大滝の下の渓流には、小滝があった。

"山ノ神の孫滝" とでもしておこう。

小さいシーケンシャルフォールであるが、きれいである。

つい、見入ってしまった。

f:id:pottering_potarin:20170505123425j:plain

これは、この水量でもきれいなので、水量が増すと、綺麗というより、豪快になるかもしれない。

 

また、紅葉の時期に来てみることとする。

 

 

 

 

 

こくさぎ

低木で独特のつる性の木であるが、幹は木になっている。

葉をもいでつぶしてにおいをかいでみると、芳香がある。

 

講談社の樹木図鑑 見極めのポイント では見つからなかった。

f:id:pottering_potarin:20170423143823j:plain

 

楠かと思えど、別のものだ。

下の写真は、雄雌別であることがわかる。(雌雄異株、雌雄別株ともいう)

種の入った殻は4個いちである。

f:id:pottering_potarin:20170423143830j:plain

 

ネットで、この殻を4個で引いて写真が引っ掛かった。

クサギとのこと。

においの強い葉は防虫剤になるらしい。

ひとつばな

"ひとつばな" を見るために2時間ほどかけて、急な山を登った。

スケッチ2枚、写真数百枚。

 

f:id:pottering_potarin:20170423110742j:plain

 

"ひとつばな" とは"ヤシオツツジ" のことである。

あえて山に登らなくても、中禅寺湖あたりでも見ることができる。

しかし、何かすこしちがう気もする。

 

中禅寺湖では、もう30年もマス釣りには春から夏にかけて時々出かけてきた。

そのヤシオツツジと、ヒトツバナは違って見える。

 

車とボートで行く中禅寺湖の八丁出島のツツジは、それほど感動したことはなかった。

しかし、南牧村の数多くの岩藪の山を登る中で、見る"ひとつばな"は、清楚、可憐、強さ(何しろ、1000m程度の風すさぶ岩山で、強風と雪に耐えて、春にはまた裂くのである)となんでも、形容詞がつくのである。

 

f:id:pottering_potarin:20170423135741j:plain

 

カタクリの頃

三月も末になると、カタクリの花の頃となる。

道路のわきの山の斜面に咲くカタクリの花を見に行った。

ちょうど、その祭りで、来場者には、すいとんがふるまわれていた。

ちなみに、入場料というものは、ありませんでした。

 

< 六車のカタクリ > 

f:id:pottering_potarin:20170402124850j:plain

六車は、群馬県の南西部の南牧村。むくるまと読む。かつては、上州ではなく、武田や真田の配下にあったと地元の古老が教えてくれた。六文銭の旗は、クルマが確かに6個に見える。

 

花見 福寿草 虻田(あぶた)の福寿草の里

この時期、山に行っても花はない。

 

庭木でみると、春の花は黄色が多い。

マンサク、ロウバイフクジュソウ

どれも黄色だ。

ほかにもある。

 

3月はフクジュソウの季節。

 

虻田(あぶた)の福寿草の里に撮影に行ってきました。(群馬県下仁田町)

 

 

咲いてました。3月下旬、遅いかなと思いましたが、見事に咲いています。

f:id:pottering_potarin:20170319110426j:plain

 

れいな花です。

f:id:pottering_potarin:20170319105702j:plain

 

花曇りで、日差しが弱く、フクジュソウは閉じ気味ですが。

f:id:pottering_potarin:20170319111511j:plain

 

 

こんなのも植えてありました。

f:id:pottering_potarin:20170319104348j:plain

 

しだれ桃?

f:id:pottering_potarin:20170319105306j:plain

水仙

f:id:pottering_potarin:20170319104641j:plain

 

場内では、こんな感じで、中高年がカメラ小僧になっています。

f:id:pottering_potarin:20170319105544j:plain

このオジサマ方は、この先で写真を撮るのではなく、すばやく、ふきのとうを採っていました。

戦後のたくましい時代に育った方々のようです。日本を再興させる原動力となった人々です。

フキノトウフクジュソウのつぼみは、区別がつきません。

フクジュソウの毒は40mgでも死んでしまうそうですので、福寿草の里でフキノトウを取るのは、自殺行為と思いますが。

 

 

 

 

中央構造線の上に立つ

中央構造線は、九州-四国-近畿-中部-関東を通る、ながーい大断層である。

日本を東西に分ける、あの有名な" 糸魚川-静岡構造線 "よりは、はるかに古いらしい。

 

その、中央構造線の上に乗る体験ができた。

 

場所は、群馬県下仁田町群馬県の左下のほうです。

 (小さい町ですが、高速インターもあります。)

生で食べると3倍辛い下仁田ネギで有名な町である。

 (納豆の辛味には最適で、細かく刻んで毎日入れている)

 

下仁田町は、町全体をジオパークとしてしている。ドライブと地学の現物の町です。

 

道の駅下仁田にはツーリングや登山の帰りにいつも立ち寄ります。買い物と、みそおでん(100円)をぱくつく。ジオパークの大きなパンフレットが置いてあります。パークといっても町のあちこちの、地図になっており、地学的な見学ポイントの案内が注記してある。

 

これは、現地の案内図。(立て看板のズーム)

f:id:pottering_potarin:20170319151536j:plain

後から写真を見ると、 ピンクとブルーの塗り分けに意味があることがわかる。

背景の山は、実際に行ってみると、なるほどと、独特の形で、さらに根無しの山であると説明図にあり驚く。

 

 

まず、青岩公園に行く。

巨大な青岩が河原に、岩塊のまま顔を出している。

この青岩の上に、下仁田の山々がぽんと乗っている。クリッペという根無の山である。

f:id:pottering_potarin:20170319160625j:plain

きれいなブルーの岩塊の間を透明な水の南牧川(なんもくがわ)が流れる。

 

川井の断層に行ってみる。

青岩公園から10分ほど北に歩き、南牧川と合流する西牧川の川沿いの道をいくと、現地看板。青岩の上に載る下仁田層の境が、中央構造体のようだ。

f:id:pottering_potarin:20170319161408j:plain

 

見取り図の上(西岸)の階段を下りて観察。タモリさんであれば、すぐにピンとくる?と思われますが、ワタクシには、よくわかりません。

f:id:pottering_potarin:20170319161919j:plain

 

 

 

よくわからないので、対岸に行きました。地図上の番号16。の看板。

f:id:pottering_potarin:20170320105042j:plain

 アンモナイトをあしらったジオパークマーク。地質ファンには、たまりません。

 

鬼淵の写真です。

鬼淵は、中央構造体の断層の間の接合面、摺動面の破砕層が、水の流れで削れてふちになったようです。

f:id:pottering_potarin:20170319165328j:plain

この岸は下仁田層です。貝化石が見られます。

f:id:pottering_potarin:20170319164247j:plain

 

角度を変えて写真を撮りました。

白く長い石英質の貫入があります。

このトレンチはクラックが多く、残留する応力の方向がまちまちの破砕層の一部のようです。もしくは、トレンチ自体が貫入層の一部でしょうか。

 

右手には、貝化石が見られます。水成岩の下仁田層ということです。

f:id:pottering_potarin:20170319164954j:plain

 

中央構造体の大断層の境目の上に立ってみました。

 

ここで地震が起きればどうなるか?

 

1/億単位の確率ですが、大地震が起きれば、大変なこととなると思いつつつ、感慨深い一瞬を過ごした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

線ヶ滝 群馬県南牧村 星尾

登山のついでに、滝によることがある。

特に南牧村は、滝が多く、楽しみである。

途切れることのない水が、次々とふり注ぐ。

 

馬鹿と阿呆の絡み合いのような世の中から抜け出て眺める滝は時を忘れさせる。

(日本の経済の原点はものづくりだあった。いまも空洞化が進む。世界中の先進国は同様で、首相の強気とはうら腹にどこも成長する理由はない。資本主義の富の再配分がうまく収束しない状況が、不景気を作っているようだが、多くの経済学部、政治学部ご出身の方々が、世に多くおられるがどうにもならない。経済の血液であるお金の大半が、超電導磁石のごとく一部の人に集中し、働いた人々の労働総生産の半分くらいは、動脈瘤心筋梗塞となり、お金が循環せず、経済が仮死状態になっているようだ。

 滝はいい。途切れることなく水が流れる。経済も、金持ちがお金を貯めこむのではなく、低いほうにどんどん落すのが景気回復には必要ではと思う。)

 

線ヶ滝には、先日の立岩登山で、出会った。

f:id:pottering_potarin:20170305110834j:plain

 

名の通り糸を引くかの線になっている。35mの高さは、決して低いとは言えない。

f:id:pottering_potarin:20170305110759j:plain

 

ただただ、上品で美しい滝である。